屋根の下塗り

query_builder 2022/01/17
ブログ
EC58B04C-996B-4ADC-AE15-C463F0362BFC

本日は屋根の下塗りについてです。

屋根は外壁と比べ非常に劣化しやすく、傷みやすい部分になります。

屋根材も、セメント瓦やモニエル瓦、コロニアルやガルバニウムなど様々あり、屋根材によって下塗り材も変える必要があります。

セメント瓦やコロニアル屋根材は、シーラーやフィラーとよばれる下塗り材を塗布し、塗料の密着や吸い込みを止めて仕上がりを美しくする役割があります。場合によっては下塗りを2回塗る必要があるほど傷みが激しい場合もあります。

ガルバニウムのようの金属系の屋根は、錆び止めとよばれる下塗りを塗布いたします。金属系の屋根は錆が発生しやすいので下地処理として錆を落とす、『ケレン』とよばれる作業を行ったあと、錆び止めの下塗りを塗布します。

モニエル瓦のような洋瓦は、スラリー層とよばれる非常に剥離の起こりやすい層がありますので、高圧洗浄時にそのスラリー層を洗い落とし、専用の下塗り材で固めるといった作業が必要になります。

モニエル瓦と知らずに通常の下塗り材を使用すると、数年で剥離が発生するといった状況が起こり得ますので、非常に注意が必要です。

屋根は普通高い位置にあり、中々見る機会は少ないですが、非常に劣化しやすく、不具合も起こりやすい部分になります。

劣化が進行する前にメンテナンスを行うことが重要になりますので早め早めの対策をおすすめします。


熊本の屋根塗装や外壁塗装の相談・質問・お見積りは無料ですので、お気軽にお問い合わせください😊

05657211-F352-4A30-9802-0EF1FF3B8620
7F219F67-5F96-4C1B-B1F3-2E4266699775
9B8BE1E1-9475-42B6-9F20-908E6C319A0E
DFD81474-4635-4D51-A7B5-478A8026AD08

NEW

  • 見積り・相談は無料です

    query_builder 2022/08/08
  • 上益城郡 A様邸

    query_builder 2022/08/07
  • ありがとうございます😊

    query_builder 2022/08/05
  • ☀真夏日

    query_builder 2022/08/03
  • どんな塗料がおすすめ?

    query_builder 2022/08/02

CATEGORY

ARCHIVE