工程

query_builder 2024/05/15
ブログ


本日は塗装の工程についてブログを書いていきたいと思います✨


施工をする際の手順はざっくりと分けると


1. 近所への挨拶
2. 足場の仮設
3. 外壁を高圧洗浄
4. 下地調整
5. 養生作業
6. 下塗り
7. 中塗り

8.上塗り
9. 付帯部の塗装
10. 手直しとチェック作業
11. 足場解体


このようになっていますが、中でも

1. 近所への挨拶
2. 足場の仮設
3. 外壁を高圧洗浄
4. 下地調整
5. 養生作業

6.下塗り

7.中塗り

8.上塗

9. 付帯部の塗装
10. 手直しとチェック作業
11. 足場解体


こちらについてご紹介していきたいと思います!



【下塗り】

下塗りの役目は

  • ・塗料の吸い込みを防ぐ
  • ・耐久性を高める
  • ・外壁の機能性を保持する
  • ・既存の下地の色を隠す
  • といったことが挙げられます。

下塗り塗料は、家の状態や外壁の材質によってシーラー、フィラー、プライマーなどが使い分けられます。さらに、下塗り塗料を選ぶときには上塗り塗料との相性も見極めなくてはなりません。 仕上げ塗りで使われる上塗り作業塗料には、水性塗料、弱溶剤型塗料、溶剤型塗料といった塗料タイプの違いのほか、断熱塗料、特殊塗料といった機能型塗料がありますが、それぞれに適合している相性の良い下塗り用塗料を選択しなくてはなりません。


【中塗り・上塗り】

下塗り、中塗り、上塗りと言いますが、実際は下塗り、上塗り、上塗りです。

中塗りと上塗りで塗るのはどちらも上塗り用塗料です。

(但し、一部の高級シリコン塗料、フッ素塗料や無機塗料の場合、専用の中塗り塗料があります。)

一回目の上塗りを中塗り、二回目の上塗りを上塗りと言い、

塗料をムラなく、均一に塗るために、2回塗りします。

中塗りを省いて一度に上塗りをしようとすると必ず塗りムラが出来てしまいます。




外壁塗装工事で使われる塗料の全てには、各塗料メーカーによって定められた仕様があって、

現場で施工する職人は、基本的にその塗装仕様に従って施工しています。



熊本で塗装をお考えの方は、見積り・相談は何度でも無料ですので

ぜひ株式会社熊本装建へ気軽にご連絡ください🌟





NEW

  • コーキング

    query_builder 2024/05/21
  • 中央区 K様邸

    query_builder 2024/05/20
  • 北区 K様邸

    query_builder 2024/05/20
  • 北区 K様邸

    query_builder 2024/05/17
  • 中央区 K様邸

    query_builder 2024/05/17

CATEGORY

ARCHIVE